一生に今しかない貴重な瞬間

女性が最も美しくなる瞬間

女性は、妊娠してから赤ちゃんを出産するまでの約10ヶ月間、お腹の中で赤ちゃんを元気に育みます。その間はとても愛おしく、幸せな時間となるでしょう。その愛おしい思い出を残すマタニティフォトは今人気が高まっています。

初めてマタニティフォトを始めるママの安心材料

妊婦

撮影のときの衣装

撮影の時は、マタニティフォトはどういった衣装を着るの・・・?

READ MORE
お腹

大人気プラン

実際に撮影をしたことがある人達から人気を集めているプランはこれです。

READ MORE
カメラマン

撮影前の確認事項

スタジオによって、撮影に必要な道具やアクセス方法が変わるため確認しておきましょう!

READ MORE

マタニティフォト撮影の前に・・スタジオ選びのPOINT

実績豊富なカメラマン

やっぱりカメラマンの実績は重要なポイント!みんながみんな、撮影に慣れているわけではありません。どうしても笑顔が固まってしまいます。そんな緊張を和らげてくれるのが、カメラマンの優しい言葉。

魅惑のプラン

マタニティフォトを専門的に行なっているスタジオでは、ママの要望に応えるプランを備えています。例えば生まれる前のお腹と、生まれた後の赤ちゃんと一緒に撮影することもアリ。面白みもあり、魅力たっぷりの1枚になること間違いなしです。

プロによるヘアメイク

本格的なスタジオでプロのカメラマン、綺麗な衣装を着飾ったらあとはヘアメイクです。もちろんプロの手による、高クオリティのヘアメイク。美しく若い姿を一生ものの宝として残しておきましょう。

美しくする写真加工

そのままの姿ももちろん綺麗ですが、くすみなどを消して明るい美肌に仕上げるなら写真加工(レタッチ)も可能。撮影後には好きな写真を選んで、どのように加工を施すのかを決めていきましょう。

相談したい価格

マタニティフォトの場合、スタジオ撮影なら安いものの、出張撮影となるとその分の交通費が生じます。スタジオ撮影だと平均で1回に25,000~30,000円ほど。

マタニティフォトとは何?

妊婦

大切な瞬間を残す

妊娠期間中というのはつわりに悩まされやすいもので、多くの女性が辛い経験をします。しかし、たった10ヶ月という、赤ちゃんとこんなにも近くにいられる時間は貴重なもの。
その記録を残すマタニティフォトは、「神秘的」だとして撮影を望む女性が増えていますよ。

魅力的な女性のボディライン

臨月を迎える頃には女性のお腹は前に出っ張るように大きくなります。お腹にいる赤ちゃんの体重は、平均で2,500~3,200グラム。最も赤ちゃんの存在を感じやすい臨月にマタニティフォトの撮影に臨むといいかもしれません。

スタジオでの撮影

どのシーズンでも撮影しやすいように、野外ではなくスタジオ撮影を提唱しているところがあります。スタジオ内には快適に過ごせる空調設備が整えられているので妊娠中でも楽に撮影できるのです。

生まれた後と比べる

マタニティフォトにちょっとした遊び心を取り入れるなら、妊娠期間中に撮影したポーズと同じくして、生まれた後の赤ちゃんが誕生した様子が分かるよう撮影するのもまたいい思い出になります。
マタニティフォトに関するアイディアをスタッフに求め、夫婦揃って希望通りのポージングで最高の写真を残しましょう。

マタニティフォトを教えて!スタジオスタッフさ~ん

マタニティフォトだから仕方ないのかもしれませんが・・お腹を出すのに抵抗があります。

お気持ち察します。その為に、女性だけのスタッフで固めているスタジオも中にはありますが、実績を重視して男性カメラマンが専属で行なうところももちろんあります。現場は完全にプライベート空間になっており、過ごしやすいよう配慮されていますよ。

自分でメイクするのはとても苦手なのでお願いできますか?

もちろん、お任せください!ヘアメイク、カメラマンなど、撮影に携わるスタッフ全員がその道のプロです。大切な思い出の為に、納得いく仕上がりを心がけているので、希望することは何なりとお伝え下さい。

初めての撮影なので、どれほどの時間が掛かるか分かりません。

あらかじめ、利用したい小物やポージングについて決めておくので、撮影に掛かる時間は実質30~40分ほどです。第一に体調を優先としているので、辛い時にはすぐお声掛けください。

衣装を自前にすることもできますか?

はい、可能です!スタジオにも衣装は備えられていますが、思い入れのある服を着たいというお客様も珍しくないもの。その際には、大切なパートナー、旦那さんと一緒に写すのもいいですね。

ヌードで撮影する女性もいるんでしょうか?

マタニティフォトには「マタニティヌード」と言って、衣装とも言えないような布を羽織り、お腹を強調した撮影スタイルもあります。最初はみなさん、「抵抗が・・」と話されますが、徐々に慣れてきて素敵な1枚に仕上げられています。

広告募集中